キャッシングとクレジットの違いとは何か

混合してしまう人も少なくはありませんが、キャッシングとクレジットは全く違う機能です。キャッシングは借入機能なのに対して、クレジットは支払機能となっています。
借入機能はお金を借りるということ、支払機能は商品やサービスの支払い時に現金を立て替えて支払うことです。
例えば、欲しい商品があるときに借入機能を使う場合は、近場のATMなどから現金を借りてきて商品の支払いを済ませます。支払機能を使う場合は、商品の支払い時にカードを提示してノーマネーで支払いを済ませます。こうした機能としての違いはあるものの、いずれにしても、現金が足りないという時に役立ってくれます。
最近はクレジットカードにキャッシング機能を付帯させたものが一般的で、1枚のカードで両方の機能を使えるようになっています。ただ、利息や手数料に違いがあるため、どちらを使っても同じとは思わずに、状況に応じて使い分けることが大切でしょう。
各機能をよく理解して、お得な使い方を学ばなくてはなりません。

ヤミ金業者を撲滅することは不可能?

近年、ますます巧妙になる闇金手口。
うっかりヤミ金融業者からお金を借りてしまわないように気をつけなければなりません。
数年前からどんどん増えているのがソフト闇金と言われる経営方針のヤミ金融。
従来の闇金と違って対応がソフトになっているということからこう呼ばれています。
もちろん、闇金業者ですので、金利はとても高いのですが、まともな消費者金融などからは
お金を借入することのできない人にとっては金利は高いがすぐに貸してくれて
怖い対応もされないからありがたいというイメージを持ってしまうことが多いのです。
こういったソフト闇金はさらに利用者を増やすために実際に利用した人に
友達を紹介するように働きかけるのです。
悪くないイメージを持った利用者からしてみれば、他にお金に困っている友達を
紹介するのは人助けのような気がしてしまい、まるで悪いことだと思わずに
意欲的に紹介してしまうことも多くあります。
こうして友達グループで闇金からお金を借りるようになると、いざ、返済に
困ってしまったときに、返済を滞納している本人に直接業者が働きかけるのではなく、
その友達に「利息だけでも支払うように言ってもらえないだろうか」と働きかけるのです。
友達から「せめて利息だけでも支払いなよ」と説得されると、友達に迷惑を
かけてはいけないという心理が働き、「じゃあ、利息だけなら…」と支払う結果になってしまうのですが
当然、利息だけの支払いでは元本は全く減りませんから、今後もずっと利息を支払い続けることになります。
ソフトヤミ金業者が狙っているのはズバリこれで、長期間利息分の収入を得ることなんです。
また、どうにも首が回らなくなった借り手が法務事務所などに相談して債務整理を
してしまうのが一番ヤミ金業者にとっては痛手になるわけですがそれも
債務整理したら友達に何か不都合があったらどうしようという連帯感から
なかなか相談に行くこともできないという状況に置かれてしまうのです。
このようなソフト闇金の手口にハマらないようにするためには
そもそも自分から積極的に利用しようと思わないことはもちろんですが、
お金に困っているときに、友達がよかれと思って紹介してくれても
その時点で断ることが大事です。
もちろん、善意の友達の誘いを断る事は胸が痛むことでしょうが、
そもそも、闇金を利用しているという価値観の友達には関わらないほうが吉です。
そっと友達関係をフェイドアウトしていったほうが結果的に身のためです。
お金に困っている友人ばかりの中にいるとそれが普通だと思いがちですが
世の中には決してそこまでお金に困らずにしっかり貯蓄をしている
人たちもいますし、そういった人たちの中で友人関係を築いたほうが
自分自身のためにもプラスになるでしょう。

闇金と気付かずに借りた結果w

消費者金融ではブラックになっているので、審査が甘いとか無審査で即日融資というコトバにつられてしまい、ついネットで中小の消費者金融と言うローン会社に融資の申込をして借りてしまいました。

サクラローンというところですが、5万円借りて直ぐに返すつもりだったので金利も確認せずに焦って借りてしまったのがいけないのですが、支払日の前日に電話しても携帯が繋がらずに、支払日に振り込むと掛かってきて、返済されていないと一点張りでこちらが前日にも連絡をしたことをいっても事前連絡も無かったといって聞き入れてくれません。

利息だけでも支払えと電話越しに怒鳴られたのですが、その利息が一週間で二万五千円払えと言われて、既に六万円返済したので元金も返したのですが、更に高額な利息を要求していて、元金も一週間で返せと言ってきます。

既に返済しているのに相手の銀行口座を間違えたのかと思ってのですが、聞いていた銀行の口座で間違いが無いので、もう一度電話をすると、違う口座だと言い張り新しい口座をメールで送ってきました。

返済できないことを伝えると、どうなるか解っていないようだから思い知らせてやると言って電話を切られて、直ぐに知らないデリバリーヘルスの女性がマンションまで来て、呼んでいないと言うと男性スタッフが大きな声でキャンセル料を請求してきました。

近所の人の目もあるので非常に困りマシたが、警察を呼ぶというと渋々帰ったのでほっとしていると、次は近所のマクドナルドの店長さんが汗だくで走ってきて、私が食べたマクドナルドのハンバーガーに虫が入っていて、お腹が痛いと叫んで電話してきたという事で謝りに来ました。

全く覚えの無い来客に、闇金業者が嫌がらせしてきている事は直ぐにわかりましたが恐ろしくなり、闇金業者に電話を入れると電話に出ず、困り果てているとまたチャイムが鳴りました。

気が動転していて、今度は何が呼ばれたのかと思って出てみると、同じマンションに住んでいる方で、勝手に保証人にされていると怒鳴りながら起こってきたのですが意味がわからず、聞くと変な男から電話があり、僕が勝手に保証人に付けて借金していて返済しないから返済しろと電話が鳴り止まないという事でした。

気が狂いそうなほど恐ろしくなり、警察に闇金業者からの脅されている事を言ったのですが聞いてもらえず、ネットで必死に成り対策法を探したときに見つけたのが闇金取り立てSOS@ヤミ金の取り立て対策・無料相談でした。

このサイトには闇金業者対策専門の弁護士や司法書士の情報が沢山載っており、そこには警察は役に立たないので弁護士に直ぐに相談して下さいという事と電話番号がのっていたので、夜でしたが思い切って電話すると直ぐに相手の携帯に電話すると言ってくれて、その後一切の闇金業者からの取り立ては無くなったのです。

昔から借金癖で問題だらけ

最近は消費者金融などで、インターネットのみで完結してしまう融資があるので
以前のように無人契約機などの店舗に出向いてお金を借りるよりもずっと
簡単にお金を借りることができるようになっています。
とっても便利になっていいことですが、その便利さゆえに安易にカードローンで
キャッシングしすぎてお金を借りすぎて借金問題を抱えてしまう人も
それにしたがって増えてしまっているので注意が必要です。
特に、複数の消費者金融や銀行などから借りている多重債務者に
一度なってしまうと、すぐに借金の利息を返済するために借金を
新規でしてしまうという悪循環に陥ってしまいがちです。
正規の貸金業者からもう借りれなくなってしまうほど限度額いっぱいに
借りてしまうと、そのままヤミ金にまで手を出してしまう人も…。
当然のことながら闇金業者は違法な高金利で利息を設定しているので、
ヤミ金に手を出しても事態はさらに悪化するだけで借金問題解決には
絶対につながらないのだということをしっかりと自覚しておく必要があります。
そのような借金トラブルはヤミ金に手を出す前だったらまだ債務整理が
すんなりとすむ可能性が高いので、手を出す前に法律の専門家に相談を
しておくことをオススメします。
ヤミ金にかかわったばっかりにお金の問題だけではなく、暴力沙汰にまで
巻き込まれてしまうという可能性もあります。
債務整理の方法はいろいろありますが、どの方法をとるのがベストな選択かと
いうことはわかりにくいので、弁護士や司法書士にアドバイスをもらうといいでしょう。
そういう士業の人相手に相談するのは敷居が高いという人には
消費生活センターに相談してみるという方法もありますし、
弁護士・司法書士に相談をするとしても
匿名でメールや電話などを使った無料相談ができますのでまずはそこから
手をつけてみるのもいいでしょう。
インターネットのサイトにはそういうことに対応している法務事務所の一覧や
オススメナビサイトのような便利なものもあるので参考にするといいです。
また、相談・解決費用を心配する人も多いかと思いますが、
このまま借金生活を続けていくよりもずっと安上がりな金額で
お金の問題が解決しますので、初期投資だと思って思い切って飛び込んでみるといいです。
そもそも、こういった借金問題を専門で扱っている弁護士さんたちは
普段から借金をしまくって首がまわらなくなったようなお金のない人相手にしているので
費用が分割払いになることを十分承知してくれていますよ。

ギャンブルで闇金で借金・・相談したい

ギャンブル依存症は本当に怖いものですね。
自分自身がこのままではいけない、自分の身を滅ぼすことになると
頭ではわかっていても、どうしてもギャンブルをしたいという欲求に
打ち勝つことができず、どんどん、ギャンブルにお金を突っ込んでしまうのです。
私の場合は仕事のストレスから逃れたくて、パチスロにのめり込んだことで
それまでの貯金も全部使い込み、そこで目を覚ませばよかったのですが、
さらに消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠を
使ってお金を作ってまでギャンブルを続けてしまったのでした。
そしてこれだけは超えてはいけない一線と言われているヤミ金融にまで
手を出してしまったのです…。
闇金がそう言われている所以はやはり、執拗なまでの取り立てが原因でしょう。
最近では、穏やかな取り立てをする闇金業者も増えているとは言いますが
すでに他からお金を借りていて多重債務状態になっていた私に
融資してくれるようなところは従来の暴力的な闇金融しかありませんでした。
闇金のほうでもまだマシなところは回収の見込みのない相手には
お金を貸してくれないというのは当然でしょうね。
結局、闇金の取り立てが激しさを増すにつれて、私は精神的に病んでいってしまいました。
あまりに生気のない状態だった私を仕事先の上司が気にかけてくれたため
私はようやくギャンブル依存症の克服のための病院通いと、多重債務の
債務整理のために法律事務所で相談する決心がつきました。
上司には本当に感謝しています…気にかけてもらえなかったらたぶん、
そのうち借金地獄に負けて、自殺でもしかねなかったと思います。
私はネットで、ヤミ金対応もしてくれるというジャパンネット法務事務所
を頼って借金相談をすることにしました。
やはり、自分一人で悩んでいるだけでは何の解決にもあんりませんね。
法律の専門家からしてみれば取ることができるベストな手段はすぐに
これですと提示してもらえることが本当にありがたかったです。
1つの目標が決まれば、あとはそれを依頼して手続きをしてもらうだけなので
私自身の法律知識が全くなくても大丈夫でした。
まあ、まず、こうやって弁護士やあるいは司法書士などに相談することが
ハードルが高いと思っている人も多いかと思いますが、
今はまず最初は直接に出向いて相談しなくっても、電話やメール相談を
受け付けてくれるところも多いですし、そういった相談は無料のところが
ほとんどだとおもいますので、気軽に相談してみるといいかと思います。